fc2ブログ
 

アマレコTV Ver2.30 リプレイ用のバッファに付いて

アマレコTV Ver2.30からリプレイ機能用のバッファを大きく取れるようになりました。SDキャプチャで10GBバッファを使うと約15分間記録することができます。但し64bit版のOSを使っている場合に限ります。

リプレイ64bit

リプレイ設定 

扱えるメモリー量
アマレコTVOS
32bit 64bit
Ver2.20cまで 最大2GB 最大2GB
Ver2.30 最大2GB 搭載メモリーの約半分


最大2GBの場合はアマレコTVの他の機能が使うメモリーと合わせて2GBなのでリプレイ用には1.2GB程度が限界となります。
Ver2.30でOSが64bitの場合は、最大で搭載メモリーの約半分を目安に使うことができます。ただし、メモリーが不足するとエラーではなく HDDなどへスワップしながらの動作となってしまい大幅にパフォーマンスが低下しますのでその点に十分注意しながらメモリー量に余裕を持って運用して下さい
なお、アマレコTVしか使わない(他にメモリーを大量に使うアプリケーションがない)場合であれば搭載メモリーの90%程度まで使うことができます。


【補足:メモリーに付いて】
アマレコTVは32bitアプリケーションです。32bitアプリケーションの場合64bit版のOSであっても扱えるメモリー空間は4GBとなります。 そのため4GBを超えるメモリーを扱うことができません。実際は4GBのうち2GBをOSが使うためアプリケーション自体(アマレコTV)が扱えるメモリーの上限は2GBとなってしまいます。この2GBでリプレイ機能のバッファや録画のバッファ、画像処理用のバッファなどをやりくりすることになります。

アマレコTV Ver2.30でもこの点は変わりませんが、リプレイ用のバッファにプロセス間通信などで使われる共有メモリーを採用したため2GBを超えるバッファを扱えるようになっています。
但し、共有メモリーを使うデメリットが二つあります。一つはマッピングしてからでないとアクセスできないため通常のメモリーと比べるとちょっとだけパフォーマンスが低下すること、もう一つはOSが管理する空きメモリーが減ってきた際にスワップされてしまう可能性(大幅なパフォーマンス低下)があることです。

マッピングに付いては広大なメモリー空間に対しランダムアクセスするようなケースでは大きなデメリットとなりますが、動画のようにシーケンシャルアクセス中心の場合、頻繁に再マッピングする必要がないため殆どデメリットになりません。
しかしスワップに付いては課題と言えます。ですので現状は皆さんの方でスワップが起こらないように気を付けて運用するようお願いいたします。

共有メモリーが使われているかどうかはリプレイウインドウのステータス欄で確認できます。
「MappedFile」となっている場合は共有メモリーを使っています。なおRAMディスクだけは明示的に設定しますが、その他はPCの環境に合わせて自動的に使うメモリーが選択されます。

リプレイ共有メモリー 

メモリーステータス
ステータス説明メリット/デメリット
OnMemoryアマレコTV内(プロセス内)のメモリーを使って動作しています。最も高いパフォーマンスを発揮する。使えるメモリーが少ない。
RAM-DiskRAMディスク(またはHDDやSSD)をプロセス内にRead/Writeして動作しています。パフォーマンスは低い(RAMディスクなら実用範囲)。大量のメモリー(ディスクスペース)を使える。
MappedFile共有メモリーをプロセス内にマッピングして動作しています。高いパフォーマンス、且つ、大量のメモリーを使える。スワップするデメリットがある。
  




 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ アマレコVR AMVコーデック Oculus アマレココ Quest アマミキ! コーデック gQuest SC500 動画配信 Pico GO ファンタジーリモート 4K アマレコライト Unity プラグイン G2 AMV4 oculus SC512 ライブ機能 パススルー機能 Passthrough デスクトップキャプチャ AVX2 リモートソフト FAQ アセット機能 質問コーナー DirectShow HDキャプチャ ニコニコ動画 Asset 120Hz 背景透過 レゴ 遅延 解説動画 組み換え 可変再生速度 MetaQuest LEGO Quest3 Meta VR XL2420T GV-USB2 2 Pico4 背景透過V3 アマステ 液晶モニター デインターレース ベンチマーク 倍速液晶 Pro VRonVR AMV2MT MonsterX3A Intensity PS4 VideoKeeper2 designs インストール Alternate AVX XCAPTURE-1 RDT233WX-Z GV-USB SD-USB2CAP4 31024 32ZP2 31006 ffmpeg 画像処理 60fps Robust Matting RGBキャプチャ Rift Video Shadow Play WindowsMR RYZEN UtVideo T2 HDMI NVEnc HDCP QSV LameACM OBS 音遅延 MP3 Haswell 電源オプション 録画 MonsterXU3.0R オーバーレイ XCapture-1 Kabelake 音ズレ フィギュア ハイパースレッディングテクノロジー HT 31021 MPC 液晶テレビ DirectShowFilter プレビュー 擬似NTSCキャプチャ SD-USB2CUP4 Livetube AtomでHDキャプチャ キャプチャーツール シンクライアント イベント IntensityPro DC-HD1 額縁遅延 REGZA ZP3 倍速補完処理 32ZP32 SSE リプレイ機能 モノステ 倍速駆動 ゲームスムーズモード Preferred Hand Tracking 2.0 ハンドジェスチャー SkyBox ファイルマネージャプラス API python pytorch パカラーススルー機能 AssetBundle アルファ付きVR動画 RVM AI XML アルファ付き動画 クロマキー 物理処理 download ダウンロード APIパススルー機能 passthrough Filter Tweaker SteamVR VR動画 LAVFilters GPU使用率 GV-USB3 キャプチャカード 可逆圧縮 フレーム間圧縮 VRコントローラー AMPlayer 60Hz 検証 新プレイヤー機能 新アマレコVR MR Windows 90Hz SKnet 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面