スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レゴ部 31006組み換えスポーツカー

今回もLEGOの新製品「31006 ハイウェイスピードスター」の組み換えです。製品に含まれるブロックのみを使ってオリジナルのスポーツカーを作りました。組み立て説明書はありませんが写真を見ながらパズル感覚で組み立ててみてください。


オリジナルスポーツカー
101前ななめ上

この製品に一つだけ含まれる赤い1x6タイル(ポッチの無いつるつるのブロック)をボンネットに使って赤い線を特徴とした車を作れないかな~と言うところから初めて、あとは行き当たりばったりで残っているブロックと相談しながら作り、1週間弱で完成です。


後方
102上ななめ後ろ

車体後部の1x1x2スロープを3つ並べたデザインがお気に入りです。


後ろ
103後ろ横


右側面
104右側面

ドアの開閉は出来ません。この商品にはヒンジパーツやクリップパーツ(蝶番のように使えるブロック)が少なく残念です。



105裏


正面
106正面


後ろ
107後ろ


真横
108真横

前輪と後輪の幅が狭くチョロQっぽい印象です。
なるべくそうならないように苦心しましたがお手本のハイウェイスピードスターより車高が高くなるので、その分どこか別の個所を縮める必要があり、前輪と後輪の幅を3ポチ分小さくした次第です。



ボンネット
201ボンネット

ハンドルやバックミラーの固定に使われているパーツを組み合わせ、蝶番のようにしてボンネットを固定します。
ボンネットが5幅なので車体との間に隙間ができてしまいますが、赤いウェッジバーツ(三角形っぽいブロック)をはめこんで隙間を埋めています。
赤いウェッジパーツは(ポッチで)固定できなかったので車体の隙間にはめ込んで動かないようにしています。


エンジンデッキ
202エンジンデッキ



分解写真
301分解図

外観の写真をもとに作るのは不可能なので分解した写真も載せておきます。分解写真と裏から見た写真をもとに車体から作ってみてください。
車輪を車体に取り付ける際、奥までグッと押し込むとボンネットが収まらなくなりますので、車体から少しはみ出すように軽く取り付けてください。


余りブロック
302余りブロック

最初にこれらのブロックを取り除いてから作り始めるとわかりやすいと思います。


制作途中(2日目あたり)
402製作途中

当初、車高はさらに高く、フォルクスワーゲンの様な丸いイメージでした。
制作中はお盆の上で作業、終わったら余ったブロックをジップロックにしまって、ほかのブロックと混ざらないようにしています。


お手本とツーショット
401ダブル


以上、あまラボ・レゴ部でした。
スポンサーサイト


あまレゴ 31006組み換えフォーミュラカー

今回はLEGOクリエイターシリーズの新製品「31006 ハイウェイスピードスター」に含まれるブロックのみを使ってオリジナルのフォーミュラカーを作ります。

レゴと言うとプラモデルと比べ値段が高かったり精巧なものが作れないというイメージがありますが、¥2000~¥3000くらいの商品ひとつに含まれるブロックだけを使ってオリジナルのモデルを作る遊び方(日本では「組み換え」と呼ばれているようです)があって世界中の人がオリジナル作品の写真を公開しています。
ひとつの商品に含まれているブロックなんて限られているのでそんなに良いものは作れないだろうと思っていましたが、写真を見ているとなかなかどうして、素晴らしい出来栄えや組み立てのアイデアに驚かされます。
組み立て説明書があるわけではないので写真を見ながら組み立てるのはとても大変ですが、写真に写っていない部分でも使えるブロックが限られているためクロスワードパズルのように推測して組み立てることができ、とても楽しめます(ほぼ3Dパズルです)。そこで今回はオリジナル作品に挑戦してみました。

今回使った商品のパッケージ写真「LEGO 31006 ハイウェイスピードスター」
101パッケージ

3種類(スポーツカー、牽引車、クラシックカー)の組み立て説明書が付属します。
それぞれの車は同時に作ることができない(一つ作るとほとんどのブロックを使い切る)ので、その都度作っては壊し、作っては壊しといった遊び方になりますが、ブロックなので何度でも作り直すことができるのが良いですね。


102.jpg
これはメインモデルのスポーツカーです。

その他の作例
MOC pages にアクセスして「31006」で検索するとクラシックカーやフォーミュラカー、トラック、4輪バイクなど様々な作例が見られます。


続いてオリジナルのフォーミュラカーです。
201前方

昔のF1カーやF3000のようにごつく、まるっこいイメージで、昔のテレビゲームやラジコンもこんな感じだったと思います。
大体の形は1日でできましたが、そこから細部を微修正したり強度を高めるためにあっちこっちブロックを入れ替えて1週間ほどで完成しました。
白いブロックがメインになりますが、やはり使えるブロックの数や種類が限られていますのでボリューム感をだすのが大変でした。


後方
202後方


後ろ
202後ろ


前方
203前方横


真上
203真上



204裏
裏から見ると・・・見えない部分に白以外のブロックを使っています。とにかく白いブロックが貴重なのであの手この手で白いブロックを節約します。


真横
205真横


リアウイング
206リアウイング

L字型のパーツ3つで固定します。


コックピット、シート
207コックピット分解

シートは車体の隙間にオレンジ色の丸いブロックを挟んで固定します。


余りブロック
208余りブロック

最初にこれらのブロックを取り除いてから作り出すといいかな。


301ダブル





 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 質問コーナー FAQ リモートソフト HDキャプチャ ニコニコ動画 DirectShow LEGO 解説動画 組み換え 4K レゴ 可変再生速度 遅延 XL2420T 液晶モニター アマステ 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 Intensity AMV2MT PS4 Pro デインターレース ベンチマーク RDT233WX-Z ffmpeg SD-USB2CAP4 GV-USB 32ZP2 31024 31006 designs VideoKeeper2 AVX XCAPTURE-1 RGBキャプチャ Alternate RYZEN Play Shadow AtomでHDキャプチャ OBS HT ハイパースレッディングテクノロジー インストール DirectShowFilter MPC Livetube 録画 オーバーレイ XCapture-1 Kabelake キャプチャーツール NVEnc 音ズレ 31021 フィギュア シンクライアント イベント プレビュー 倍速駆動 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R 音遅延 モノステ 液晶テレビ 32ZP32 ZP3 REGZA 額縁遅延 SSE リプレイ機能 DC-HD1 電源オプション 倍速補完処理 HDCP HDMI Haswell 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro LameACM MP3 SD-USB2CUP4 QSV 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。