fc2ブログ
 

ビデオキャプチャ「MonsterX」をお持ちの方へ

なんだか期待を裏切ってしまったようで申し訳ない。
MonsterXをお持ちの方はどんな感じになるのか教えていただけるとありがたいです。
一応把握している限りでは、ビデオキャプチャデバイスのオーディオピンから録音する事は難しそうだけど、サウンドカードから録音する形であれば簡単に対応できると思っています。
何分MonsterXを持っていないので情報をお待ちしております。

現状この手のビデオキャプチャを作るにあたりHDキャプチャのメジャーどころはMonsterXとIntensityだと思っていたのでどっちを購入するか悩んだ末、大幅な値下げがあってお得感がありHDYCも試せるIntensityを買ってしまったんです。
今となっては後の祭りですが、MonsterXを購入し製作していたらIntensityへは自然と対応できていたのかもしれません。
そんな背景が御座いますのでご協力のほど宜しくお願い致します。

情報はここのコメント欄かアマレコTVのreadme.txtにあるメールアドレスにいただければ幸いです。


アマレコTV 設定例

高性能なパソコンでできるだけ高画質に録画するには
Intensity Proを例に説明します。
設定画面の「グラフ1(デバイス)」を次のように設定する。
  (1)ビデオキャプチャデバイス:「Decklink Video Capture」を選択。
  (2)ビデオフォーマット:「*w=1920, h=1080, fps=29.97, fcc=HDYC, bit=16」または「*w=1280, h= 720, fps=59.94, fcc=HDYC, bit=16」を選択。
  (3)オーディオキャプチャデバイス:「Decklink Audio Capture」を選択。
  (4)オーディオフォーマット:「*sample=48000, bit=16, ch= 2」を選択。

設定画面の「録画設定」を次のように設定する。
  (5)フレームレート:60(60としておけば常にキャプチャデバイスのフレームレートで録画します。)
  (6)ビデオ圧縮:「AMV2MT(高画質)」を選択し隣の「設定」ボタンを押す。
  (7)AMV2MTの設定画面の「圧縮」で「Y2:YUY2標準可逆」を選択。
  (8)AMV2MTの設定画面の「出力フォーマット」で「YUY2」のチェックを外す※。AMVコーデックの設定は完了。
  (9)オーディオ圧縮:「Uncompress」を選択。

以上の設定で最も高画質な条件にて録画できます。また1080iの場合はプレビュー設定のカスタムフィルターから「デインターレース(1ライン目が先)」を選択すると見やすくなると思います。

※YUY2のチェックを外すとRGBで出力するように制限できます。
※IntensityのHDYCを録画した場合はRGBで出力すると正しい色に変換されます。
※HDYCをYUY2で出力する場合はデータの並びをYUY2にするだけで色は変換されません。
※Intensity以外でキャプチャデバイスの色空間がHDYCでないならAMVコーデックの出力フォーマットのYUY2をONにして下さい。
※また、HDYCの場合でも編集ソフト側で色変換を行う場合はAMVコーデックのYUY2をONにして、さらに編集ソフトの方もYUY2で読込むように設定して下さい。


低性能なパソコンで出来るだけ快適に録画するには
Intensity Proを例に説明します。
設定画面の「グラフ1(デバイス)」を次のように設定する。
  (1)ビデオキャプチャデバイス:「Decklink Video Capture」を選択。
  (2)ビデオフォーマット:「*w=1920, h=1080, fps=29.97, fcc=HDYC, bit=16」または「*w=1280, h= 720, fps=59.94, fcc=HDYC, bit=16」を選択。
  (3)オーディオキャプチャデバイス:「Decklink Audio Capture」を選択。
  (4)オーディオフォーマット:「*sample=48000, bit=16, ch= 2」を選択。

設定画面の「録画設定」を次のように設定する。
  (5)フレームレート:30(ドロップフレームが発生するなら15や10に下げる)。
  (6)ビデオ圧縮:「AMV3(高速)」を選択し隣の「設定」ボタンを押す。
  (7)AMV3の設定画面の「圧縮」で「S3:標準」を選択。AMVコーデックの設定は完了。
  (8)オーディオ圧縮:「Uncompress」を選択。

以上でCPUやHDDの性能が低くても快適に録画できると思います。
1080iでCPUの処理に余力がある場合はプレビューの設定のカスタムフィルターから「デインターレース(1ライン目が先)」を選択してみて下さい。余力が無い場合はハードウエアの方(HWデインターレース(1ライン目が先))を選択してみて下さい。


アマレコTV 使い方

インストールと実行
インストーラーおよびレジストリの登録はありません。
解凍してできるAmaRecTV.exeを実行して下さい。
AMVビデオコーデックがインストールされていない場合は、先にAMVビデオコーデックをインストールして下さい。

アンインストール
アンインストーラーはありません。また、レジストリも利用していません。解凍したファイルを手動で削除して下さい。

プレビューと録画
はじめて起動するとキャプチャデバイスの選択画面が表示されますので次の設定を行ってください。

  (1)ビデオキャプチャデバイスのリストから目的のデバイスを選択。
  (2)ビデオ入力が複数ある場合は目的の入力を選択(入力リストが空なら選択しなくていい)。
  (3)「入力」でチューナーを選択した場合はTVのコンボボックスからチャンネルを選択。
  (4)フォーマットから目的の解像度を選択(fccはRGB、YUY2、UYVY、HDYCのものを選んで下さい。また、RGBの場合はbit24かbit32のものを選んで下さい)。
  (5)音声も扱いたい場合は画面下側のオーディオキャプチャデバイスも選択します。音声が不要な場合は"使わない"を選択して設定完了です。
  (6)音声を扱う場合は入力とフォーマットを選択(フォーマットは*sample=48000, bit=16, ch= 2を選択して下さい。)。
  (7)設定画面右下の「OK」ボタンを押して設定完了。

これでプレビューが表示されれば成功です。続いてツールバーの「録画」ボタン(赤い三角)を押すと録画を開始します。録画が開始すると録画ボタンは四角い停止ボタンに変わるので30秒程度たったら停止。ビデオファイルの保存先フォルダが自動で開くので“amarec(xxxxxxxx-xxxx).avi”を再生して見てください。

以上が基本的な使い方です。もっと詳しい使い方は各設定画面の説明を見てください。


 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレコVR Oculus アマレココ Quest アマミキ! コーデック gQuest SC500 動画配信 Pico GO ファンタジーリモート 4K アマレコライト プラグイン G2 AMV4 oculus ライブ機能 SC512 Unity AVX2 デスクトップキャプチャ Passthrough リモートソフト FAQ 質問コーナー DirectShow ニコニコ動画 120Hz HDキャプチャ 遅延 可変再生速度 レゴ 解説動画 組み換え VR LEGO XL2420T GV-USB2 2 倍速液晶 AMV2MT 液晶モニター アマステ ベンチマーク デインターレース Intensity VRonVR PS4 パススルー機能 Meta Pro MonsterX3A designs VideoKeeper2 XCAPTURE-1 Alternate AVX インストール GV-USB SD-USB2CAP4 RDT233WX-Z 32ZP2 31006 ffmpeg Rift WindowsMR 60fps 背景透過 31024 T2 画像処理 RGBキャプチャ UtVideo Shadow Play RYZEN Haswell 電源オプション MP3 HDCP MonsterXU3.0R HDMI ゲームスムーズモード 音遅延 LameACM HT 倍速補完処理 31021 フィギュア ハイパースレッディングテクノロジー MPC NVEnc OBS QSV モノステ DirectShowFilter プレビュー 擬似NTSCキャプチャ Livetube AtomでHDキャプチャ キャプチャーツール シンクライアント イベント SD-USB2CUP4 IntensityPro 32ZP32 額縁遅延 REGZA 液晶テレビ 倍速駆動 DC-HD1 リプレイ機能 音ズレ ZP3 GV-USB3 passthrough APIパススルー機能 API 検証 60Hz 新アマレコVR 新プレイヤー機能 AMPlayer Robust Video Hand Tracking 2.0 SkyBox ファイルマネージャプラス Matting python pytorch 90Hz Windows キャプチャカード 可逆圧縮 GPU使用率 SKnet SSE オーバーレイ XCapture-1 Kabelake LAVFilters Preferred フレーム間圧縮 VRコントローラー MR VR動画 SteamVR Filter Tweaker 録画 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面