fc2ブログ
 

アマレコTV Live アマミキ! Ver3.00c 公開

 デスクトップキャプチャ機能を搭載したアマレコTV Ver3.00cをホームページにて正式公開しました。
ブログの先行公開からバグフィックスと多少の機能が追加されています。
また、オンラインヘルプに「デスクトップキャプチャ機能」を追加しました。

【主な更新内容】
(1) デスクトップキャプチャ機能を追加しました。
(2) 録画保存先にドロップフレームが起こりやすいドライブ(NAS等のネットワークドライブなど)を指定してもドロップし難くなりました。
(3) アマレコTV、およびアマミキ!のプレビュー音が歪みにくくなりました。
(4) Windows7でPCの音を録音するアマステが6ch、8chなどの多チャンネルに対応しました。
(5) アマステがサンプリングレート96kHz以上で使えなかった不具合を修正しました。
(6) 入力端子が6個以上あるビデオキャプチャデバイスで様々なエラーが起こる不具合を修正しました。
(7) 動画が指定ファイルサイズを超えて分割された場合に、動作が止まる不具合を修正しました。


■アマレコTVのデスクトップキャプチャ機能について
 デスクトップキャプチャソフトであるアマレココの機能をWindows7などのAeroに合わせて再構築したものとなります。
 Aeroが有効な時でも快適に指定したウインドウのみをキャプチャすることができる「ウインドウ・キャプチャ」機能が新たに追加された他、アマレコTV Liveの豊富な機能と組み合わせて利用することができますので、例えば、PC用ゲームなどの実況動画の作成では、従来アマレココとアマミキ!の2つを組み合わせて行っていたものが、アマレコTVのデスクトップキャプチャ機能とオーディオミキサー機能を使ってアマレコTV単体で可能となります。
 その他、リプレイ機能を使った簡易編集、映像解析。ライブ機能を使った外部エンコーダーによる録画および動画配信などアマレココではできなかったことが可能となりデスクトップキャプチャの可能性を広げます。

【オンラインヘルプ】アマレコTV デスクトップキャプチャ機能
【ブログ】アマレココとアマレコTVのデスクトップキャプチャ機能の違い
【ブログ】Aero有効時におけるデスクトップキャプチャについて




■先行公開からの更新内容
アマレコTV Ver3.00c
(1) レポートファイルの時間表記をhh:mm:ss.msとした。

アマレコTV Ver3.00b
(1) 6個以上の入力端子を持つキャプチャデバイスを使った場合にエラー落ちする不具合を修正。
(2) MP3形式で録画する際、ビットレートを指定できるようになった。

アマレコTV Ver3.00a
(1) タイマー録画時に時間になっても録画が停止しない。再生できないビデオファイルが出来上がるのを修正。
(2) HDDの残り容量が少なくなっても録画が停止しない。再生できないビデオファイルが出来上がるのを修正。
(3) ステータスバーに表示するHDDの空き容量の小数点以下が表示されないのを修正。
(4) ステータスモニターに録音デバイスの実際のアロケーターサイズの表示を追加。



■ダウンロード
ホームページからダウンロードして下さい。


アマレコTV Ver3.00a 不具合修正版とMP3

■アマレコTV Ver3.00b
【更新内容】

(1) 6個以上の入力端子を持つキャプチャデバイスを使った場合にエラー落ちする不具合を修正。
(2) MP3形式で録画する際、ビットレートを指定できるようになった。

ダウンロード

 入力端子の問題はアマレコTV初期からずっと潜んでいた不具合でメモリ破壊を起こすため、どのような症状に
なるか不定です(私のところではアマレコTV終了時にエラー落ちする)。
入力端子が6個を超えるキャプチャデバイスと言うのがあまりないと思うので、今までは問題が表面化しませんでしたが、Ver3.00から入力端子が沢山あるSC500に対応したため、問題が表面化しました。


 MP3で録画する際のビットレートは今までもiniファイル上で変更できましたが、今回から設定画面でも
変更できるようになりました。

 音声の圧縮に関しては、48000Hz、16bit、2chのフォーマットにて無圧縮で録画すると約6時間で音データが4GBを超えます。ビデオファイルそのものはおそらく問題ないと思いますが、AviUtlで編集などを行うと4GBを超えた部分(約6時間を超えた部分)の音声が正しく扱えないようなので、6時間を超えるような録画を行う場合はMP3で圧縮しながら録画するようにして下さい。
試していないですが、128kbpsで圧縮すれば、60時間くらいは行けると思います。
なお、あくまでAviUtlの話なので、AviUtlを使わない人はMP3を使わず今まで通り無圧縮で録画して構いません。

あと、MP3はなんでも使えるわけではありません。私のところで使えたのは次のものです。
Windows7 64bit Lame ACM 3.99.5
WindowsXP 32it Lame ACM 3.98.2



 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレコVR Oculus アマレココ Quest アマミキ! コーデック gQuest SC500 動画配信 Pico GO ファンタジーリモート 4K アマレコライト プラグイン G2 AMV4 oculus ライブ機能 SC512 Unity AVX2 デスクトップキャプチャ Passthrough リモートソフト FAQ 質問コーナー DirectShow ニコニコ動画 120Hz HDキャプチャ 遅延 可変再生速度 レゴ 解説動画 組み換え VR LEGO XL2420T GV-USB2 2 倍速液晶 AMV2MT 液晶モニター アマステ ベンチマーク デインターレース Intensity VRonVR PS4 パススルー機能 Meta Pro MonsterX3A designs VideoKeeper2 XCAPTURE-1 Alternate AVX インストール GV-USB SD-USB2CAP4 RDT233WX-Z 32ZP2 31006 ffmpeg Rift WindowsMR 60fps 背景透過 31024 T2 画像処理 RGBキャプチャ UtVideo Shadow Play RYZEN Haswell 電源オプション MP3 HDCP MonsterXU3.0R HDMI ゲームスムーズモード 音遅延 LameACM HT 倍速補完処理 31021 フィギュア ハイパースレッディングテクノロジー MPC NVEnc OBS QSV モノステ DirectShowFilter プレビュー 擬似NTSCキャプチャ Livetube AtomでHDキャプチャ キャプチャーツール シンクライアント イベント SD-USB2CUP4 IntensityPro 32ZP32 額縁遅延 REGZA 液晶テレビ 倍速駆動 DC-HD1 リプレイ機能 音ズレ ZP3 GV-USB3 passthrough APIパススルー機能 API 検証 60Hz 新アマレコVR 新プレイヤー機能 AMPlayer Robust Video Hand Tracking 2.0 SkyBox ファイルマネージャプラス Matting python pytorch 90Hz Windows キャプチャカード 可逆圧縮 GPU使用率 SKnet SSE オーバーレイ XCapture-1 Kabelake LAVFilters Preferred フレーム間圧縮 VRコントローラー MR VR動画 SteamVR Filter Tweaker 録画 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面