アマレコTVスレについて その5 YUY2の補間処理

YUY2の画像を表示した際に色が滲むか、滲まないかと言う話が、サンプル画像付きで示されています。
おそらく、示されたサンプル画像のうち、色が滲んでいないものは不足する色データの補間処理をしていないもので、
色が滲んでいるのは補間処理を行ったものと思います。

示されたサンプル画像がビデオキャプチャソフトのプレビューであるなら、各キャプチャソフトが使っているビデオレンダラーにより補完するか、補間しないかが変わってくる為、滲む、滲まないの差はレンダラーの差と言えるかと思います(もしくはレンダラーの使い方の差)。
示されたサンプル画像が各ソフトのスクリーンショット機能によるものなら、アマレコTVは補間するようになっています。他のキャプチャソフトは補完しないと言うことだと思います。

一つ補足すると、自然画(実写)とか普通の映像に関しては補完した方がより自然な(見やすい)表示となります。
今回示されたようなサンプル画像の場合は補完しない方が圧倒的に優れているように感じますが、滲むかどうかはっきり判るよう意図的に作ったテストパターン(元は私がやったテスト)ですので、これだけで良し悪しは判断しない方がいいように思います。

補完してより自然な表示を好むか、色のにじみをできるだけ軽減するため補完なしを好むかってことになりますが、一般的には補完する方が望ましいと私は思います。


 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 リモートソフト FAQ 質問コーナー HDキャプチャ DirectShow ニコニコ動画 レゴ 組み換え LEGO 解説動画 4K 可変再生速度 遅延 XL2420T GV-USB2 倍速液晶 120Hz アマステ 液晶モニター デインターレース Pro ベンチマーク Intensity PS4 MonsterX3A AMV2MT 32ZP2 31024 Shadow Play RGBキャプチャ AVX RDT233WX-Z GV-USB RYZEN Alternate designs 31006 SD-USB2CAP4 XCAPTURE-1 ffmpeg VideoKeeper2 キャプチャーツール プレビュー Livetube DirectShowFilter IntensityPro AtomでHDキャプチャ イベント 擬似NTSCキャプチャ シンクライアント SD-USB2CUP4 REGZA ハイパースレッディングテクノロジー HT 31021 MPC インストール QSV NVEnc OBS フィギュア 音ズレ SSE SKnet GV-USB3 Kabelake XCapture-1 録画 オーバーレイ HDMI HDCP 32ZP32 額縁遅延 キャプチャカード 液晶テレビ 倍速駆動 リプレイ機能 モノステ ZP3 倍速補完処理 MP3 Haswell 電源オプション LameACM 音遅延 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R DC-HD1 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面