スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマレコTVの音のお話

 私のところでは出ていませんが、アマレコTVを使っていて音に問題が出るとしたら次の3つでしょうか。

  (1) プレビューの音がズレる(遅れる)。
  (2) プレビューの音にノイズが入る(プチプチ鳴る)。
  (3) 録画したビデオファイルの音質が悪い(水の中に居る感じ、音が大きくなったり、小さくなったり、プチプチ、ジーーーー、ブーーーーとか色々)。


 3に関しては主に次の事が原因です。
  (a) ゲーム機など根源の質が悪い。
  (b) ゲーム機とキャプチャカードの接続に使っているケーブルの質が悪い。
  (c) 分配器や変換機を間に挟むならそれらの質が悪い。
  (d) キャプチャカードの質が悪い。
  (e) PC自体の質が悪い(電源などのハードウエア、BIOSやOSの設定)。
  (f) 再生に使っているプレイヤー(DirectShowフィルター)の質が悪い。
  (g) アマレコTVのアロケーターの設定をいじっているならその部分の不備。

 gのケースを除いて3に関してはアマレコTVが原因となる事は無いでしょう。ビデオキャプチャソフトは受け取ったデータをそのまま加工せずにファイルへ保存しますので、そこで音質が変わることは考えられません。
 なお、USB接続のキャプチャデバイスの場合はPC本体裏のマザーボード直付けのUSBポートに接続したり、接続するUSBポートを変えたりすると改善される場合があるみたいなので、延長ケーブルとか使っている人は試してみるといいと思います。


 続いて1と2ですが原因は次の2つです。
  (a) 処理が間に合っていない。
  (b) 録音デバイスの動作クロックと再生デバイスの動作クロックが異なる。

 基本的に10秒かけて録音した音データは、10秒かけて再生する必要があります。処理が遅れたからと言って急いで9秒で再生するなどはできません。そのため、ほんの僅かでも処理が遅れるとその遅れは蓄積されていきます。また、bの様に録音と再生に使うデバイスが異なると録音時の10秒と再生時の10秒に僅かな違いが出る可能性があります。

 これらは全てのPCにおいて音ズレする可能性があることを示していますが、通常は僅かなズレですので問題となる事は無いでしょう。しかし、一部の人のところでは無視できない問題となっているようです。

 そしてプレビューのノイズですが、これはデータの断片化によるものです。主に、データをカットした繋ぎ目や、データ中に無音を追加した個所で断片化が生じます。 1時間の内に数箇所程度断片化が生じたとしても普通の人は気がつかないと思いますが、1秒間に1回など頻繁に断片化が生じると「(プチプチ)ノイズがのる」といった印象になるかと思います。
 アマレコTV(アマレコ・オーディオ・レンダラー)では音ズレが一定量を超えた場合にカットするためそこで断片化が生じます。また、bの場合において再生側が早い場合も定期的に無音状態が生じ断片化します。

 このようにプレビューにおけるプチプチノイズの原因の殆どは「音ズレ」です。音ズレをどうにかしようとするとプチプチノイズになり、音ズレをそのままにしておくとノイズはなくなる代わりに遅延すると言った関係です。

 最後にプレビューの音ズレに関する改善策です。
  (a) オーバークロックしている。 → 定格に戻す。
  (b) PCI、PCI-Eバスのクロック設定が間違っている。 → ちゃんと設定する。
  (c) BIOSやOSの省電力設定を利用している。 → 省電力設定をやめる(無効にする)。
  (d) マザーボードのユーティリティで動作クロックが動的に切り替わる。 → クロックを固定にする。
  (e) 録音デバイスと、再生デバイスが異なる。 → ひとつのサウンドカードで録音、再生を行う(ビデオキャプチャカードのオーディオ入力は使わない)。

 基本的には時間管理に関係する部分に問題があるのでそのあたりをチェックしましょう。


【まとめ】
  (1) 録画したものに問題があるならキャプチャソフトが原因である可能性は低い。主にハードウエアを調べること。また、録画が正常に出来ない状態でプレビューの音質をどうこう言うべきではない。
 
  (2) 録画は正常でプレビュー音に問題があるなら原因は音ズレ。

  (3) プレビューにおいて「音ズレ」と「プチプチノイズ」には密接な関係がある。

  (4) 慢性的な音ズレを抱えている人は主に時間管理(クロック)に影響する部分を調べて根本的な原因を正さない限り改善はしない。

  (5) レンダラーの変更は遅延とノイズのどちらを妥協するかの選択でしかない。
    (a) 遅延を許容し、音質を重視するなら「標準レンダラー」を使う。
    (b) 音質は妥協し、遅延を防ぎたいなら「アマレコ・オーディオ・レンダラー」を使う。

  (6) 標準レンダラーを選択した場合は数分程度では遅延している事が分からない場合がある。一見改善されたように感じるが、ぬか喜びの可能性がある。
  
  (7) 音ズレの生じない正常なケースでは「アマレコ・オーディオ・レンダラー」を使う。
関連記事


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【送料無料&代引き手数料無料】当店一番人気マザーボードASUS P7P55D-E

【送料無料&代引き手数料無料】当店一番人気マザーボードASUS P7P55D-E...

コメントの投稿

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

プライオリティ

初歩的な事かもしれませんが
「高度な設定」の「プライオリティ」にチェックを入れ
「リアルタイム」にチェックを入れたら音がプチプチしなくなりました
 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 質問コーナー FAQ リモートソフト HDキャプチャ ニコニコ動画 DirectShow LEGO 解説動画 組み換え 4K レゴ 可変再生速度 遅延 XL2420T 液晶モニター アマステ 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 Intensity AMV2MT PS4 Pro デインターレース ベンチマーク RDT233WX-Z ffmpeg SD-USB2CAP4 GV-USB 32ZP2 31024 31006 designs VideoKeeper2 AVX XCAPTURE-1 RGBキャプチャ Alternate RYZEN Play Shadow AtomでHDキャプチャ OBS HT ハイパースレッディングテクノロジー インストール DirectShowFilter MPC Livetube 録画 オーバーレイ XCapture-1 Kabelake キャプチャーツール NVEnc 音ズレ 31021 フィギュア シンクライアント イベント プレビュー 倍速駆動 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R 音遅延 モノステ 液晶テレビ 32ZP32 ZP3 REGZA 額縁遅延 SSE リプレイ機能 DC-HD1 電源オプション 倍速補完処理 HDCP HDMI Haswell 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro LameACM MP3 SD-USB2CUP4 QSV 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。