スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AmaRec Core Audio Capture DS ベータ版

アマレコTVでパソコン内部の音をキャプチャするためのDirectShowフィルターです。

CoreAudio設定画面

インストールするとオーディオキャプチャデバイスで”AmaRec Core Audio Capture”が選択できるようになるので、選択します。
入力欄はキャプチャする再生デバイスを選択します。”(Auto)”を選択すると規定の再生デバイスをキャプチャします。
フォーマット欄は"*sample=48000, bit=16, ch= 2"のみです。

以上で利用可能です。


次のようなエラーが出る場合はパソコン側の設定が必要です。「はい」ボタンを押して設定画面を表示します。
CoreAudioエラー


目的の再生デバイスのプロパティを表示します。
CoreAudio規定のデバイス


プロパティの詳細タブでフォーマットを"DVDの音質(2チャンネル、16ビット、48000Hz)"にしてOK。
CoreAudioデバイスのフォーマット



PC内部の音だけをキャプチャしてもあまり意味が無いので、基本的にはライブ機能のマイクミックスの方でAmaRec Core Audio Captureを指定して、ビデオキャプチャーの音とPC内部の音をミキシングすると言った使い方になります。
CoreAudioマイクミックス

最終的にはビデオキャプチャの音、マイクの音、PCの音の3系統をミックスできるようにしようかなと思っています。

アマレコTV Core Audio Capture DS Ver1.00 ベータ版
http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/download/amarectv_cacds100.zip

※ 現在ベータ版です。問題が生じても自分で対処できる方のみご利用下さい。
※ Windows2000/XPでは利用できません。
関連記事


コメントの投稿

ありがとうございます!

そう! これです! これを求めていました!
要望を書いてから、反映まで早く、まさか開発して貰えるとは思ってもいなかったので嬉しいです!
早速ダウンロードしてテストしてみますね。

No title

下記環境でテストしてみましたが、AmaRec Core Audio Capture DSがオーディオデバイスとして出現するのは一部ソフトのみでした。

・Adobe Flash Media Live Encoder 3.1 → Audio Deviceとして利用可能。出力も確認出来ました。
・Windows Live Messenger → 一覧に無し
・Ustream(Adobe Flash Player) → 一覧に無し
・OSのサウンドデバイス → 一覧に無し、無効なデバイスの表示ON・OFFでのチェック済み

同じAdobe製の配信に関するソフトなのに、Adobe Flash Media Live Encoderだとデバイスとして認識されるのに、Flash Playerだと認識されない不思議・・・もちろん、OSの再起動等を済ませた後でのチェックです。

OS Windows7 Home Premium 32ビット
CPU:Core2Duo P8700(2.53GHz)VGA:NVIDIAR GeForceR GT230M(1GB)
RAM:4GB(2GB×2)/PC2-6400(DDR2-800)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
M/B:モバイル インテル PM45 Expressチップセット
サウンド:Conexant Pebble High Definition Smart Audio

勉強不足過ぎ

そろそろリサンプラー使えば?
OS側の設定かえるとか、アホっぽい方法取るんじゃなくて、使えるもの使おうぜ。

Re: 勉強不足過ぎ

> そろそろリサンプラー使えば?
> OS側の設定かえるとか、アホっぽい方法取るんじゃなくて、使えるもの使おうぜ。

OS側の設定を意識してもらう事がそんなに悪いのかな

Re: No title

> 下記環境でテストしてみましたが、AmaRec Core Audio Capture DSがオーディオデバイスとして出現するのは一部ソフトのみでした。
>
> ・Adobe Flash Media Live Encoder 3.1 → Audio Deviceとして利用可能。出力も確認出来ました。
> ・Windows Live Messenger → 一覧に無し
> ・Ustream(Adobe Flash Player) → 一覧に無し
> ・OSのサウンドデバイス → 一覧に無し、無効なデバイスの表示ON・OFFでのチェック済み
>
> 同じAdobe製の配信に関するソフトなのに、Adobe Flash Media Live Encoderだとデバイスとして認識されるのに、Flash Playerだと認識されない不思議・・・もちろん、OSの再起動等を済ませた後でのチェックです。
>
> OS Windows7 Home Premium 32ビット
> CPU:Core2Duo P8700(2.53GHz)VGA:NVIDIAR GeForceR GT230M(1GB)
> RAM:4GB(2GB×2)/PC2-6400(DDR2-800)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
> M/B:モバイル インテル PM45 Expressチップセット
> サウンド:Conexant Pebble High Definition Smart Audio

ustreamとかは無理かもね。アマレコTV用のフィルターですので他で使えたらラッキーくらいに思っていただければと思います。

No title

> ustreamとかは無理かもね。アマレコTV用のフィルターですので他で使えたらラッキーくらいに思っていただければと思います。

そうでしたかー ちょっと残念ではありますが、Adobe Flash Media Live Encoderで使えるだけでもかなり利用用途に幅が出そうなので助かります!

No title

一部ヘッドセット利用してるとサンプリングレートに対応できないんですよね
よろしければ16bit 16000Hz or 32000Hzの対応をお願いします

Re: No title

> 一部ヘッドセット利用してるとサンプリングレートに対応できないんですよね
> よろしければ16bit 16000Hz or 32000Hzの対応をお願いします

一部ヘッドセットって何ですか?
使用環境を一通り書いてください。
 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 ライブ機能 SC512 AVX2 デスクトップキャプチャ FAQ リモートソフト 質問コーナー DirectShow HDキャプチャ ニコニコ動画 組み換え 遅延 LEGO 解説動画 レゴ 可変再生速度 4K GV-USB2 XL2420T ベンチマーク 倍速液晶 Pro Intensity MonsterX3A 120Hz AMV2MT PS4 アマステ デインターレース 液晶モニター RGBキャプチャ Play ffmpeg SD-USB2CAP4 RYZEN RDT233WX-Z 32ZP2 Alternate XCAPTURE-1 31006 Shadow 31024 AVX VideoKeeper2 designs GV-USB DC-HD1 IntensityPro DirectShowFilter AtomでHDキャプチャ リプレイ機能 シンクライアント キャプチャーツール Livetube 擬似NTSCキャプチャ SD-USB2CUP4 プレビュー イベント 倍速補完処理 フィギュア 音ズレ 録画 31021 HT インストール MPC ハイパースレッディングテクノロジー オーバーレイ XCapture-1 キャプチャカード UtVideo T2 GV-USB3 SKnet Kabelake SSE OBS NVEnc ZP3 可逆圧縮 ゲームスムーズモード REGZA 額縁遅延 倍速駆動 液晶テレビ 32ZP32 MonsterXU3.0R 音遅延 HDCP HDMI QSV 電源オプション Haswell LameACM MP3 モノステ 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。