スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマミキ! 設定画面(録音デバイス、再生デバイス、ライブ機能)

アマミキ!の設定画面です。最初に録音デバイスの画面が表示されますのでリストボックスから必要な項目を選択して右下の「OK」ボタンを押して下さい。
最大4系統の音声を扱えますので同じ設定(名前、キャプチャデバイス、入力端子、フォーマット)が4組ありますが必用な部分だけ設定すればOKです。


■設定画面-録音デバイス
アマミキ! 設定画面-入力デバイス

名前
メイン画面に表示する名前です。自分で分かり易い名前を選択するかコンボボックスに直接入力して下さい。

キャプチャデバイス
WindowsXPの場合はサウンドカードやUSBマイクなどの名称を選択します。
Window7の場合はアイテム名を選択します。また、アマレコTVのライブ機能がインストールされている場合は「AmaRec Core Audio Capture」を選択する事でPC内部の音をキャプチャする事ができます(WindowsXPではできません)。
不要な部分は「(使わない)」を選択して下さい。
※「AmaRec Audio Capture」と言う”Core”が付かないモノもありますが、これは配信用ですのでここでは選択しないで下さい。

入力端子
WindowsXPの場合はライン入力やマイクと言ったアイテム名を選択します。
Windows7の場合は「マスター音量」を選択します。デバイスがAmaRec Core Audio Captureの場合は主にスピーカーなどのアイテム名を選択します。
「(選択しない)」を選ぶと既定のアイテムまたは、最後に使っていたアイテムの音をキャプチャします。選択しない場合の動作はOSやデバイスによりマチマチですので上級者向けです。通常は目的のアイテムを選択するようにして下さい。

フォーマット
サンプリングレートとビット幅、チャンネル数を選択します。
サンプリングレートは主に48000Hzまたは44100Hzを使って下さい。
サンプリングレートの異なる音もミキシングできるようになっていますが、サンプリングレートが2倍以上異なる場合は音質が著しく低下する場合があります。
ビット幅とチャンネル数は16bit、2ch以外使えません。


■設定画面-再生デバイス
アマミキ! 設定画面-出力デバイス

再生デバイスに関する設定です。ここを設定しなくてもアマミキ!は使えます。応用的な使い方をしたい場合に設定して下さい。

アマミキ!は再生デバイスを2つ管理できこれらは同じ働きをしますが便宜上”再生デバイス”、”配信デバイス”と名前で区別しています。

再生デバイス
主にスピーカーやヘッドフォンなどで音を聞いたり、確認するのに使うデバイスを選択します。
「(既定のデバイス)」を選択するとOSの方で既定のデバイスに指定されているものを利用します。
メイン画面の再生チェックボックスがONの音をミキシングして再生します。
アマミキ! メイン画面-再生チェックボックス

配信デバイス
再生デバイスと同じ働きをします。
メイン画面の配信チェックボックスがONの音をミキシングして再生します。
アマミキ! メイン画面-配信チェックボックス
仮想オーディオデバイスを使って配信する場合はここで仮想オーディオデバイスを選択して下さい。次にニコニコ動画の生放送の設定画面やUstreamの設定画面で同じ仮想オーディオデバイスを選択すれば上手く良くと思います。
なお、アマミキ!には仮想オーディオデバイスは含まれていませんので別途ご用意ください。

※配信デバイスとライブ機能を同時に利用する事もできます。


■設定画面-ライブ機能
アマミキ! 設定画面-ライブ機能

ライブ機能を使う
アマレコTVのライブ機能を使って配信ソフトへ音データを転送します。
メイン画面の配信チェックボックスがONになっている音をミキシングして転送します。
アマミキ! メイン画面-配信チェックボックス
ライブ機能を使うと複数の音をミキシングしてFlash Media Live EncoderやWindows Media Encoderなどの配信ソフトを使った様々な形態の実況配信が可能になります。
なお、ニコニコ動画の生放送やUstreamではDirectShowのオーディオソースフィルター(AmaRec Audio Capture)が使えないので、その場合はFlash Media Live Encoderを経由するか再生デバイスの設定画面の「配信デバイス」で仮想オーディオデバイスを使って下さい。

ライブ機能の音質
サンプリングレートのみ変更できます。
通常は48000Hzのままにして下さい。

Map Versionに付いて
アマレコTV(またはアマミキ!)と配信ソフトの間で通信するのに使う情報です。
このバージョンが異なると通信できないのでライブ機能が使えません。
ベータ版を除きアマレコTVとアマミキ!、ライブ機能のインストーラーは一緒に配布しますので、バージョンが合わない等のメッセージが表示された場合は必ず同梱されているlive_setup.exeを実行してバージョンをそろえて下さい。
関連記事


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマミキ! 設定画面

アマミキの設定画面です。最初に録音デバイスの画面が表示されますのでリストボックスから必要な項目を選択して右下の「OK」ボタンを押して下...

コメントの投稿

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 質問コーナー FAQ リモートソフト HDキャプチャ ニコニコ動画 DirectShow LEGO 解説動画 組み換え 4K レゴ 可変再生速度 遅延 XL2420T 液晶モニター アマステ 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 Intensity AMV2MT PS4 Pro デインターレース ベンチマーク RDT233WX-Z ffmpeg SD-USB2CAP4 GV-USB 32ZP2 31024 31006 designs VideoKeeper2 AVX XCAPTURE-1 RGBキャプチャ Alternate RYZEN Play Shadow AtomでHDキャプチャ OBS HT ハイパースレッディングテクノロジー インストール DirectShowFilter MPC Livetube 録画 オーバーレイ XCapture-1 Kabelake キャプチャーツール NVEnc 音ズレ 31021 フィギュア シンクライアント イベント プレビュー 倍速駆動 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R 音遅延 モノステ 液晶テレビ 32ZP32 ZP3 REGZA 額縁遅延 SSE リプレイ機能 DC-HD1 電源オプション 倍速補完処理 HDCP HDMI Haswell 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro LameACM MP3 SD-USB2CUP4 QSV 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。