マイコンソフト HDビデオキャプチャカード「SC-500N1/DVI」

マイコンソフト様から開発中のHDキャプチャカード「SC-500N1/DVI」(以下SC500)をお借りする事が出来ましたので私なりに気になるところをテストしてレポートしたいと思います。
また、アマレコTVもSC500に合わせて幾つか機能を追加する予定です。

マイコンソフト 開発ルーム


【SC500の概要】
詳細なスペックはまだ開発中との事で不明ですが(製品化の際にメーカーサイトで確認して下さい)HDとSDのキャプチャが出来るPCIE x1用の一般的なHDビデオキャプチャカード「SC-500N1/DVI」と昔のゲーム機などにあったアナログRGB21ピンを接続するためのアダプタ「XSYNC-1」からなっています(XSYNC-1は別売りかもしれません)。

わたしは「アナログRGBを入力出来る」というのが最も目を引く特徴と感じました。他には入力端子がDVI-IとなっておりPCのビデオ出力を繋いで800x600、1024x768、1280x1024などでPCの画面をキャプチャすることもできるようです。

また、専用のキャプチャソフト「Game Keeper」「Video Keeper」がありますが、アマレコTVなどDirectShowベースの汎用アプリケーションも利用できます。ここではアマレコTVを使った場合の話が中心になりますのでその点はご了承ください。

※ キャプチャカードのチップ構成などは開発中のため公開NGとなっていますご了承ください。
※ 64bit OS の4GBオーバーでも利用可能(私は環境がないので未確認)。
※ HDMI・DVI変換アダプタを別途用意すればHDMIキャプチャとしても使えるようです。
※ プロテクトのかかった映像はキャプチャ不可となっています。


【テスト予定の項目】
・プレイステーション1など古いゲーム機の擬似NTSCのキャプチャテスト
・PS2などのNTSCのキャプチャテスト
・パソコンの画面のキャプチャテスト(どのような解像度と周波数で使えるのか)


【プレイステーション1など古いゲーム機の擬似NTSCのキャプチャテスト】
使用したゲーム機本体はPlayStation2 SCPH-70000でPS1のソフトとPS2のソフトをそれぞれ試しました。初めに各ソフトとSC500が利用できる入出力端子を表にまとめておきます。

入出力対応表
 PS1のソフト
擬似NTSC
プログレッシブ
PS2のソフト
NTSC
インターレース
SC500
コンポジット×
S端子×
コンポーネント
RGB

※ PS1のソフトの大半は擬似NTSCのプログレッシブです。PS1起動時のPSのロゴ画面はNTSCのインターレースです。
※ PS2のソフトの大半はNTSCのインターレースです。
※ SC500はコンポジットとS端子の入力が出来ません。


キャプチャ環境
OSWindowsXP Professional SP3
MBM3N78-EM
CPUAMD Phenom(tm) 8750 Triple-Core Processor 2.4GHz
MEMORYDDR2-800 2GB(2GB*1)
HDDWD10EADS-00M2B0 1TB, 5400rpm
アマレコTVVer2.00a
コーデックAMV2MT Ver2.20h Y2標準可逆
サンプル画像録画してできたビデオファイルをAviUtlで読み込んで表示されたものです。


アマレコTVの設定 
PS1 アマレコTV設定   

 


サンプル画像 PS1のソフトをSC500 RGBでキャプチャ
PS1 キャプチャ横長 RGB  
 極上バロディウスだ!DELUX PACK ©KONAMI

サンプル画像 PS1のソフトをSC500 コンポーネントでキャプチャ
PS1 キャプチャ横長 コンポーネント 
 

SC500でPS1のゲームをキャプチャすると720x240 59.94fps(60p)でキャプチャされるので横長の映像になります。アマレコTVでプレビューする場合はアスペクト比を3:4または指定値にして3:2と設定するといいでしょう。
アマレコTV アスペクト比

ただし、このままだとフルスクリーン表示した場合リサイズの補間処理によりレトロゲームのドット感が失われてしまいますのでアマレコTVの次のバージョンではラインダブラー(ドット感が失われないように画像を縦に拡大するフィルター)を用意しようと思います。

サンプル画像 SC500 RGBの画像にラインダブラーを施し2倍にズーム 
PS1 RGB zoom   
 

サンプル画像 SC500 コンポーネントの画像にラインダブラーを施し2倍にズーム 
 PS1 コンポーネント zoom  
 

コンポーネントの方はコントラストが強くクッキリした印象になります。
しかし、ニジミが少ないのはRGBの方なので、後工程で明るさを調整すればRGBの方が綺麗に表示できると思います。



後工程で明るさをあわせたRGBのサンプル画像 
PS1 RGB zoom補正後  
※ 今のところSC500自体では明るさの調整等はできないようです。




SC500は擬似NTSCをプログレッシブでキャプチャできる
SC500の特徴として擬似NTSCを60pでキャプチャできるというのが有ります。
他のキャプチャカードを使った場合、擬似NTSC自体が扱えないか、扱えたとしても60iでのキャプチャとなり、キャプチャするのに2フレーム分(約2/60秒)の時間がかかるのに対し、60pでは1フレーム分(約1/60秒)で済むため他のキャプチャカードより遅延を軽減できる利点があります。

【ここまでのまとめ】
利点
・アナログRGBを入力することができる
・擬似NTSCをキャプチャできる唯一のHDキャプチャカード?
・擬似NTSCを60pでキャプチャできる (60iより遅延が少ない)

注意点
・コンポジット入力とS端子入力がない
・RGB入力の場合もキャプチャ自体はYUY2になる
・明るさ等の画質調整はいまのところできない

 

次回はPS2のソフトをキャプチャした場合に付いてレポートしたいと思います。


関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 ライブ機能 デスクトップキャプチャ AVX2 FAQ リモートソフト 質問コーナー ニコニコ動画 DirectShow HDキャプチャ 組み換え 4K レゴ 遅延 可変再生速度 解説動画 LEGO XL2420T ベンチマーク Intensity AMV2MT 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 アマステ 液晶モニター PS4 Pro デインターレース 32ZP2 Shadow VideoKeeper2 31024 RDT233WX-Z ffmpeg GV-USB AVX Play Alternate designs 31006 RGBキャプチャ RYZEN SD-USB2CAP4 XCAPTURE-1 DirectShowFilter キャプチャーツール Livetube シンクライアント イベント AtomでHDキャプチャ プレビュー 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro SD-USB2CUP4 額縁遅延 MPC ハイパースレッディングテクノロジー HT インストール OBS QSV NVEnc 31021 フィギュア Kabelake SSE MonsterX3A XCapture-1 オーバーレイ 音ズレ 録画 HDMI HDCP 32ZP32 SKnet REGZA 液晶テレビ 倍速駆動 リプレイ機能 モノステ ZP3 倍速補完処理 MP3 Haswell 電源オプション LameACM 音遅延 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R DC-HD1 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面