連載1 高速なメモリーコピー その5

今回は自分でメモリーの管理が出来ずアライメントが揃っていない場合(たまたま揃っている場合も含みます)のメモリーコピー処理に付いてです。

メモリーコピー処理ではコピー元とコピー先の2つのメモリーが関係しますので、次の3パターンが考えられます。
 
パターン
アライメントの状態
処理
パターン1
コピー元とコピー先共にアライメントが揃っている。
)
コピー元:0x11111110
コピー先:0x22222220
前回のssememcpy1()を使う。
パターン2
コピー元とコピー先共にアライメントが揃っていないが、ズレている量が同じ。
)
コピー元:0x11111115
コピー先:0x22222225
ズレている量を端数としmemcpy()で処理、その後はパターン1と同じssememcpy1()を使う。
パターン3
コピー元とコピー先のズレ量が異なる。
)
コピー元:0x11111115
コピー先:0x22222229
汎用レジスターを使ってズレ量を吸収する。

今回からアライメントの“ズレ“と言う表現がでてきます。このズレとはアライメントからどれだけズレているかを示しますが具体的にはアドレスの下位4bitで判断し、下位4bitが同じ場合はズレ量が同じと見なします。パターン1は前回紹介したので、今回はパターン2です。

例の様にコピー元とコピー先のアドレスのうち下位4bitが2進数で0101(16進で5)と同じ場合がパターン2となり、この場合は最初の11バイトだけをmemcpy()を使って処理することで、残りは0x11111120から0x22222230へコピーする処理となります。残った部分はアライメントが揃っているのでパターン1と同様にssememcpy1()が使えます
続く...
関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 ライブ機能 デスクトップキャプチャ AVX2 リモートソフト FAQ 質問コーナー HDキャプチャ ニコニコ動画 DirectShow 組み換え 可変再生速度 遅延 レゴ LEGO 解説動画 4K XL2420T ベンチマーク 液晶モニター PS4 Intensity Pro デインターレース アマステ 120Hz 倍速液晶 AMV2MT GV-USB2 MonsterX3A 32ZP2 ffmpeg RDT233WX-Z designs SD-USB2CAP4 31024 AVX Shadow RGBキャプチャ GV-USB Play Alternate VideoKeeper2 XCAPTURE-1 31006 RYZEN SD-USB2CUP4 イベント DirectShowFilter Livetube AtomでHDキャプチャ シンクライアント キャプチャーツール プレビュー 擬似NTSCキャプチャ 額縁遅延 インストール MPC ハイパースレッディングテクノロジー OBS NVEnc HDMI QSV HT 31021 XCapture-1 Kabelake SSE オーバーレイ 録画 フィギュア 音ズレ HDCP 電源オプション 液晶テレビ 32ZP32 SKnet 倍速駆動 モノステ DC-HD1 リプレイ機能 REGZA ZP3 LameACM MP3 Haswell 音遅延 MonsterXU3.0R 倍速補完処理 ゲームスムーズモード IntensityPro 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面