スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AMVビデオコーデックのこと

2009年の時は他のコーデックの処理速度と比べて1.5倍から2倍早かったAMVビデオコーデックですが、2012年の結果ではその差がさらに3倍から4倍へと開いたのが意外でした。と同時にバランスを見直す時期に来たのかなと感じます。

注目したいのがAMV2MT:Y4(非可逆)です。Y4では二次圧縮をするのでその分処理は遅くなりますが、それでも今回の結果では他のコーデックより早く処理できています。
開発当初は二次圧縮までやるとHuffyuvより遅くなるためY4以外へは適用しませんでしたが、現状ならY2やY3へ二次圧縮を適用し圧縮効果を高める価値はあるのかなと思います。
また、フレーム間圧縮とフレーム内圧縮のどちらで処理するかを現在はフレーム単位で決めていますが、Ver2.11aまでは画素単位(処理ブロック単位)で有利な方を使うようになっていました。これも処理量が増えHuffyuvと同程度の処理速度になってしまうため改善した部分ですが、今なら画素単位で処理しても他のコーデックより早く処理できます。画面の上半分は動きがなくて、下半分は激しく動くような映像の場合、現在のAMVビデオコーデックでは全体をフレーム内圧縮で処理してしまいますが、画素単位で処理すると、動きの無い上半分をフレーム間圧縮、動きの激しい下半分をフレーム内圧縮にできることから圧縮効果の向上につながるのでありかなと思います。
(フレーム間圧縮は動きの少ないシーンで有利。フレーム内圧縮は動きの激しいシーンで有利な圧縮方法です。)

そしてAVX(Intel Advanced Vector eXtensions)
現在のAMVビデオコーデックはSSE2命令を使いSSEレジスタ(128bit)で殆どの処理を行っています。これが他のコーデックより早く処理できる最大の要因となっていますが、去年リリースされたSandy BridgeからAVX(Intel Advanced Vector eXtensions)と言う拡張命令が追加されました。
(私が思う)その一番の特徴はレジスタが256bitになっていることです。SSEレジスタと比べ一度に倍のデータを処理できるようになりますので、AMVビデオコーデック的にはさらに高速化することが可能となります。
ただし、Sandy Bridgeや今回購入したIvy Bridgeではまだ実数ユニットのみの実装にとどまっており、整数ユニットが実装されるのは来年(2013年)リリース予定のHaswellからとの事ですので本格始動するにはまだまだ時間がかかりそうですね。
関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 質問コーナー FAQ リモートソフト HDキャプチャ ニコニコ動画 DirectShow LEGO 解説動画 組み換え 4K レゴ 可変再生速度 遅延 XL2420T 液晶モニター アマステ 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 Intensity AMV2MT PS4 Pro デインターレース ベンチマーク RDT233WX-Z ffmpeg SD-USB2CAP4 GV-USB 32ZP2 31024 31006 designs VideoKeeper2 AVX XCAPTURE-1 RGBキャプチャ Alternate RYZEN Play Shadow AtomでHDキャプチャ OBS HT ハイパースレッディングテクノロジー インストール DirectShowFilter MPC Livetube 録画 オーバーレイ XCapture-1 Kabelake キャプチャーツール NVEnc 音ズレ 31021 フィギュア シンクライアント イベント プレビュー 倍速駆動 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R 音遅延 モノステ 液晶テレビ 32ZP32 ZP3 REGZA 額縁遅延 SSE リプレイ機能 DC-HD1 電源オプション 倍速補完処理 HDCP HDMI Haswell 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro LameACM MP3 SD-USB2CUP4 QSV 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。