連載2 画像転送システム その1

ファンタジーリモートのメイン処理とも言える画像転送システムについて、コーデックの使い方を中心に紹介していこうと思います。

プログラムは画像を送る側の「サーバー」と、受け取った画像を表示する「クライアント」の2つからなり、主な処理は次のようになります。

画像転送システム

デスクトップキャプチャーにはGDIのBitBlt()を使いDIBデータを取得します、それをコーデックのコンプレッサーで圧縮して、最後にTCPのソケット通信で送信します。この処理を延々と繰り返すのがサーバー側のプログラムです。

一方クライアント側はソケット通信でデータを受信するところから始まります。受信したデータはコーデックのデコンプレッサーを使ってDIBデータを復元します。復元されたDIBはGDIのStretchBlt()でウインドウいっぱいに表示します。クライアント側はこの処理を延々と繰り返します。

実際にはサーバー側の処理が早すぎるとクライアントの処理が間に合わず通信データが溜まって行ってしまうので、サーバー側にはウエイトを入れてフレームレートをコントロールします。

ちなみに、アマレココの場合はキャプチャーと圧縮までがサーバー側プログラムと同じで後はaviのヘッダーを付けてファイルへ保存する処理となります。送信部分がファイル処理に置き換わるだけなので殆ど同じ仕組みで動いていると言えますね。

次回からは各々の処理についてもう少し詳しく書いていきたいと思います。


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 ライブ機能 デスクトップキャプチャ AVX2 FAQ リモートソフト 質問コーナー ニコニコ動画 DirectShow HDキャプチャ 組み換え 4K レゴ 遅延 可変再生速度 解説動画 LEGO XL2420T ベンチマーク Intensity AMV2MT 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 アマステ 液晶モニター PS4 Pro デインターレース 32ZP2 Shadow VideoKeeper2 31024 RDT233WX-Z ffmpeg GV-USB AVX Play Alternate designs 31006 RGBキャプチャ RYZEN SD-USB2CAP4 XCAPTURE-1 DirectShowFilter キャプチャーツール Livetube シンクライアント イベント AtomでHDキャプチャ プレビュー 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro SD-USB2CUP4 額縁遅延 MPC ハイパースレッディングテクノロジー HT インストール OBS QSV NVEnc 31021 フィギュア Kabelake SSE MonsterX3A XCapture-1 オーバーレイ 音ズレ 録画 HDMI HDCP 32ZP32 SKnet REGZA 液晶テレビ 倍速駆動 リプレイ機能 モノステ ZP3 倍速補完処理 MP3 Haswell 電源オプション LameACM 音遅延 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R DC-HD1 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面