スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


連載2 画像転送システム その2

今回は、サーバー側のキャプチャー部です。すべてGDIのAPIで処理しますので簡単です。

キャプチャー処理はオフスクリーンのデバイスコンテキスト(ghOffDC)を一つ用意して、そこにデスクトップのデバイスコンテキスト(ghDC)から画像をブリットすることで行います。また、取り込んだ画像はコーデックに送る必要があるので、オフスクリーンにはDIBセクションをアタッチし、画像データへアクセスするためのアドレス(glpOff)を取得しておきます。

DIBセクションでは色数等を自由に設定できますが、コーデックが対応している色数にする必要があるので注意して下さい。AMV3コーデックの場合はRGB32かRGB24が使えます。また、デスクトップの色数も同じにしておくと、最も効率良く処理することが出来ます。と言うよりも色数が違うとGDIによる変換処理が加わりものすごく遅くなりますので、そういった使い方は意図的に出来ないようにしておいた方が良いでしょう。

最近はデスクトップの色数をRGB24にすることはマレ(若しくはできない?)なので、殆どの場合はRGB32がベストと言うことになります。

// GDI処理で使う変数
HDC            ghDC        = NULL; // デスクトップのデバイスコンテキスト
HDC            ghOffDC     = NULL; // オフスクリーンのデバイスコンテキスト(ここにデスクトップ画像を取り込む)
LPVOID glpOff     = NULL;          // オフスクリーンのアドレス
HBITMAP        ghOffBmp    = NULL; // オフスクリーンのビットマップハンドル
HBITMAP        ghOffBmpOld = NULL; // ビットマップハンドルの控え(不要?)
DWORD gdwSizeW    = 0;             // デスクトップの横サイズ
DWORD gdwSizeH    = 0;             // デスクトップの縦サイズ
 
// GDI処理の初期化
BOOL GDIInit( SOCKET sock )
{
    // デスクトップの画像サイズを取得
    gdwSizeW = GetSystemMetrics( SM_CXSCREEN );
    gdwSizeH = GetSystemMetrics( SM_CYSCREEN );
 
    // デスクトップのデバイスコンテキスト取得
    ghDC = GetDC( NULL );
 
    // DIBSection作成
    // ・コーデックはこのDIB(glpOff)を元に圧縮します。
    BITMAPINFO bi;
    ZeroMemory( &bi, sizeof(bi) );
    bi.bmiHeader.biSize        = sizeof(BITMAPINFOHEADER);
    bi.bmiHeader.biBitCount    = 32;                         // RGB32なので32を設定する
    bi.bmiHeader.biPlanes      = 1;
    bi.bmiHeader.biWidth       = gdwSizeW;                   // 画像サイズ
    bi.bmiHeader.biHeight      = gdwSizeH;                   // 画像サイズ
    bi.bmiHeader.biSizeImage   = gdwSizeW*gdwSizeH*4;        // RGB32で計算、1画素あたり4バイト
    bi.bmiHeader.biCompression = BI_RGB;
    ghOffBmp    = CreateDIBSection( NULL, &bi, DIB_RGB_COLORS, (void **)(&glpOff), NULL, 0);
       
    // デバイスコンテキストも取得しておく(キャプチャー処理で使います)
    ghOffDC     = CreateCompatibleDC( ghDC );
    ghOffBmpOld = (HBITMAP)SelectObject( ghOffDC, ghOffBmp );
 
    return TRUE;
}
 
// GDI処理
BOOL GDIMain( void )
{
    // キャプチャー処理
    BitBlt(
        ghOffDC, 0, 0, gdwSizeW, gdwSizeH,
        ghDC, 0, 0,
        SRCCOPY            // CAPTUREBLT を加えると半透明ウインドウも一緒にキャプチャーします。
                 );
    return TRUE;
}

基本的にキャプチャー処理はBitBlt()で行いますが、GDI処理の遅いパソコンの場合は一度で画面全体を取り込もうとするとゲームなどのfpsがガクッと落ちてしまいますので、画面を何分割かして少しずつ取り込むようにした方が好ましい場合もあります。
アマレココやファンタジーリモートの分散処理オプションがこれに相当します。原理はこちら
関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 ライブ機能 SC512 AVX2 デスクトップキャプチャ FAQ リモートソフト 質問コーナー DirectShow HDキャプチャ ニコニコ動画 組み換え 遅延 LEGO 解説動画 レゴ 可変再生速度 4K GV-USB2 XL2420T ベンチマーク 倍速液晶 Pro Intensity MonsterX3A 120Hz AMV2MT PS4 アマステ デインターレース 液晶モニター RGBキャプチャ Play ffmpeg SD-USB2CAP4 RYZEN RDT233WX-Z 32ZP2 Alternate XCAPTURE-1 31006 Shadow 31024 AVX VideoKeeper2 designs GV-USB DC-HD1 IntensityPro DirectShowFilter AtomでHDキャプチャ リプレイ機能 シンクライアント キャプチャーツール Livetube 擬似NTSCキャプチャ SD-USB2CUP4 プレビュー イベント 倍速補完処理 フィギュア 音ズレ 録画 31021 HT インストール MPC ハイパースレッディングテクノロジー オーバーレイ XCapture-1 キャプチャカード UtVideo T2 GV-USB3 SKnet Kabelake SSE OBS NVEnc ZP3 可逆圧縮 ゲームスムーズモード REGZA 額縁遅延 倍速駆動 液晶テレビ 32ZP32 MonsterXU3.0R 音遅延 HDCP HDMI QSV 電源オプション Haswell LameACM MP3 モノステ 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。