連載2 画像転送システム その4

今回はコーデックを使って圧縮する処理を紹介します。

圧縮処理はICCompress()を一つ使うだけなので簡単。また、引数が多いですがAMVビデオコーデックをはじめ最近のコーデックの場合は殆どの引数を無視しますので0にしておきましょう(もちろんコーデックによっては個々の引数が意味を持つ場合もあるのでそういったコーデックを利用する場合はしっかり調べましょう)。
結局、重要な引数は入力フォーマットと、入力バッファのアドレス、出力フォーマットと出力バッファのアドレスと非常にシンプルです。

各フォーマットは準備編で用意したものを使いますが、ICCompress()の引数の型がなぜかLPBITMAPINFOHEADERとなっているので念のためヘッダーの方を指定しています。入力バッファのアドレスはDIBセクションのアドレスを指定します。出力バッファのアドレスは準備編で用意したものを使いましょう。

// コーデックを使ってDIBの画像を圧縮する
BOOL CodecMain( void )
{
    DWORD dwFlagsIn   = 0;
    DWORD dwFlagsOut  = 0;
    DWORD dwckid      = 0;
    long  lFrameNum   = 0;
    DWORD dwFrameSize = 0;    // 目標ビットレート(指定なし)
    DWORD dwQuality   = 0;
    DWORD ret = ICCompress(
        ghIC,                 // コーデックのハンドル
        dwFlagsIn,            // 圧縮動作の制御フラグ(キーフレームなど)
                              // AMVコーデックでは使いません。
        &glpbiOut->bmiHeader, // 圧縮後のフォーマット(ビットマップインフォヘッダー)
        glpCompressBuff,      // 圧縮後の画像データを格納するバッファ
        &glpbiIn->bmiHeader,  // 圧縮元のフォーマット(ビットマップインフォヘッダー)
        glpOff,               // 圧縮元の画像データを格納したバッファ(DIB)
        &dwckid,              // 予約されています。使わないで下さい。
        &dwFlagsOut,          // 圧縮後のステータスが格納される(キーフレームの検出に利用)
        lFrameNum,            // AMVコーデックでは使いません。
        dwFrameSize,          // 目標ビットレート、AMVコーデックでは使いません。
        dwQuality,            // 画質、AMVコーデックでは使いません。
        NULL,                 // 前フレームのフォーマット、AMVコーデックでは使いません。
        NULL                  // 前フレームを格納するバッファ、AMVコーデックでは使いません。
                );
    if (ret != ICERR_OK) return FALSE;
 
    DWORD dwDataSize = glpbiOut->bmiHeader.biSizeImage;              // 圧縮後のバイト数はメンバー変数に格納されている
    DWORD dwKeyframe = FALSE;
    if (dwFlagsOut & AVIIF_KEYFRAME) dwKeyframe = TRUE;              // キーフレームとして圧縮された
 
    return TRUE;
}


ICCompress()が正常に終わると戻り値としてICERR_OKがセットされ、出力バッファに圧縮後のデータがセットされています。
圧縮後のデータが何バイトになるかは出力フォーマットのメンバー変数glpbiOut->bmiHeader.biSizeImageで確認できます。
また、処理したフレームがキーフレームになる場合はdwFlagsOutAVIIF_KEYFRAMEがセットされます。他のフラグと一緒にセットされることもあるようなので、イコールで判定するのではなく論理積(and)を使って該当するビットが立っているかどうかで確認するようにしましょう。

以上で、コーデックを使った圧縮処理は終わりとなりますが、APIの中には他にもICSeqCompressFrame()というコーデックを使って動画を圧縮出来るものがあります。こちらの方が細かい部分をAPIの方で管理してもらえるので扱いが楽なのですが、出力バッファを指定できないと言う欠点がありまして、処理速度が求められる場合などには向きません。

アマレココの3.00まではICSeqCompressFrame()を使っていたのでコーデックにより圧縮されたデータはAPIが管理するバッファへ格納されてしまい、それをワザワザ自分で用意した出力バッファ(ファイルバッファ)へコピーしていました。このコピー処理がまるまる無駄となりコーデックを使った場合のオーバーヘッドとなっていましたが、3.01からICCompress()を使うようにしたので直接ファイルバッファへ書き出すことが出来(コピー処理が無くなった分)高速化となっています。

次回はサーバー編の最終回、ネットワークの送信処理を紹介します。
関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 リモートソフト FAQ 質問コーナー HDキャプチャ DirectShow ニコニコ動画 レゴ 組み換え LEGO 解説動画 4K 可変再生速度 遅延 XL2420T GV-USB2 倍速液晶 120Hz アマステ 液晶モニター デインターレース Pro ベンチマーク Intensity PS4 MonsterX3A AMV2MT 32ZP2 31024 Shadow Play RGBキャプチャ AVX RDT233WX-Z GV-USB RYZEN Alternate designs 31006 SD-USB2CAP4 XCAPTURE-1 ffmpeg VideoKeeper2 キャプチャーツール プレビュー Livetube DirectShowFilter IntensityPro AtomでHDキャプチャ イベント 擬似NTSCキャプチャ シンクライアント SD-USB2CUP4 REGZA ハイパースレッディングテクノロジー HT 31021 MPC インストール QSV NVEnc OBS フィギュア 音ズレ SSE SKnet GV-USB3 Kabelake XCapture-1 録画 オーバーレイ HDMI HDCP 32ZP32 額縁遅延 キャプチャカード 液晶テレビ 倍速駆動 リプレイ機能 モノステ ZP3 倍速補完処理 MP3 Haswell 電源オプション LameACM 音遅延 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R DC-HD1 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面