スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイコンソフトXCapture-1用新ドライバを試してみました

 マイコンソフトの公式サイトにてXCapture-1やSC-512N1といったHDキャプチャデバイス用の新ドライバーとVideoKeeper2の新バージョンが公開されました。

XCapture-1
SC-512N1


 今回はXCapture-1のドライバの改善点とVideoKeeper2の新機能である「CUDAによるGPUエンコード」を試してみます。以前の記事「USB3.0対応HDキャプチャカード「XCAPTURE-1」を使ってみた」と合わせてご覧ください。


1.XCapture-1用新ドライバ Ver1.1.0.123.4
101プロパティ 
設定項目がいくつか増えています。

102画像の調整 
画像の調整(画質調整)もできるようになっています。(前からできたっけ?)


2.VideoKeeper2 Ver1.1.0.124
201cuda.png

 録画設定にNVIDIAのCUDAを使ってエンコードする設定が増えています。NVIDIA製のビデオカードを増設して条件を満たすと設定をONにできるようです。また、ビデオカードを増設するとIntel(R) Quick Sync Videoは使えません。これは、Intelの仕様によるものらしいです。

なお、マイコンソフトの推奨スペックはGTX760以上とのことなのでCUDAによるGPUエンコードはかなりハードルが高く感じます。


3.デインターレースについて
 以前の記事「USB3.0対応HDキャプチャカード「XCAPTURE-1」を使ってみた」ではXCapture-1の方でデインターレースされてしまって、30fpsの録画、プレビューしかできないことを書きました。これはスーパーファミコン等の古いゲーム機の疑似NTSCの場合において大きなデメリットでしたが今回この点が改善されています。

以下はアマレコTVの場合です。(VideoKeeper2では60fpsの録画、プレビューはできないようです。 )

アマレコTVの設定画面のデバイス設定にある「デバイス設定」ボタンを押してキャプチャカードのプロパティを開きます。プロパティの「VIDEO DEINTERLACE METHOD」で「WEAVE (NONE)」を選択します。
301weave.png 

そうするとXCapture-1の方でデインターレース処理をしなくなります。
302interlace.png 
XCapture-1の方でデインターレースしないためインターレースの特徴である横シマのノイズが見て取れます。


あとは、アマレコTV側でデインターレース処理の設定をして完了です。今回はスーパーファミコンの疑似NTSCなので「レトロゲーム」を選択します。
303preview.png 


これで、60fpsのプレビューや録画が可能。あとは240pに対応してくれれば完璧ですね。
304レトロゲームモード 



4.CUDAによるGPUエンコード
 GTX760以上推奨となっていますが、私が所有している一番高性能なビデオカードがGF240なので心もとないですが、イチかバチかZOTAC GT240 512MB 128BIT DDR5で試してみました。

結論から書くと、今回はスーパーファミコンをS端子で接続してテストしたので推奨スペックを下回るGF240でも問題なく録画できました。ただし、若干画質が悪いように感じるのでそのあたりがビデオカードの性能によるものなのかどうか気になるところです。

■サンプル動画
スーパーファミコンをS端子で接続して録画したサンプル動画です。
ダウンロードファイル名内容
XCapture1
xcap_amarectv_60fps_amv3_s2_x264_4mbpsアマレコTVとAMV3ビデオコーデックで録画したものをX264でエンコード。
ファイルサイズがVideoKeeper2と近くなるよう4Mbpsでエンコード。60fps
xcap_videokeeper2_30fps_cpu(no QSV)VideoKeeper2でGPU支援機能を使わずに録画したもの。30fps、画質「高」
xcap_videokeeper2_30fps_cuda_gf240VideoKeeper2でGPU支援機能のCUDAを使って録画したもの。30fps、画質「高」
SC-512N1
 以前の記事で公開したサンプル動画です。
SC-512N1-L/DVI スーファミS端子画質比較

を見てください。


■サンプル動画の画質比較
アマレコTV+AMV3アマレコTV+AMV3 X264エンコード
 401sample_amv3_.png
YV12可逆のS2に設定したため一番高画質。
.
.
402sample_x264_.png
VideoKeeper2と比べ同じファイルサイズで
60fpsにもかかわらず、ほとんど劣化なく
高画質に再エンコードできる。
VideoKeeper2 CPUエンコード
(QSVではない)
VideoKeeper2 CUDAエンコード GF240
403sample_cpu_.png
エンコーダーによる画質面はまずまず。
30fpsで、かつ、XCapture1による
デインターレースが残念。
404sample_cuda_.png
エンコーダーによる画質がいまいち。
動きの激しい部分でゴミが目立つ。
.

感想・・・
 今回は使用したビデオカードがGF240と相当低スペックなため何とも言えませんが、推奨スペックのGF760でも同様の画質だとするとCUDAによるGPUエンコードは厳しいような気がします。Intel(R) Quick Sync Video(以下QSV)の方が画質が良いのでQSVを支持したいところですが、QSVはQSVでビデオカードを増設すると使えなくなると言うもどかしさ。






関連記事


コメントの投稿

No title

Windows8だとビデオカードを使用していてもQuickSyncVideoが使えるそうです。

Re: No title

> Windows8だとビデオカードを使用していてもQuickSyncVideoが使えるそうです。

OS、ドライバー、アプリケーションのそれぞれが対応していれば大丈夫みたいですね。


 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 デスクトップキャプチャ AVX2 ライブ機能 質問コーナー FAQ リモートソフト HDキャプチャ ニコニコ動画 DirectShow LEGO 解説動画 組み換え 4K レゴ 可変再生速度 遅延 XL2420T 液晶モニター アマステ 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 Intensity AMV2MT PS4 Pro デインターレース ベンチマーク RDT233WX-Z ffmpeg SD-USB2CAP4 GV-USB 32ZP2 31024 31006 designs VideoKeeper2 AVX XCAPTURE-1 RGBキャプチャ Alternate RYZEN Play Shadow AtomでHDキャプチャ OBS HT ハイパースレッディングテクノロジー インストール DirectShowFilter MPC Livetube 録画 オーバーレイ XCapture-1 Kabelake キャプチャーツール NVEnc 音ズレ 31021 フィギュア シンクライアント イベント プレビュー 倍速駆動 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R 音遅延 モノステ 液晶テレビ 32ZP32 ZP3 REGZA 額縁遅延 SSE リプレイ機能 DC-HD1 電源オプション 倍速補完処理 HDCP HDMI Haswell 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro LameACM MP3 SD-USB2CUP4 QSV 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。