スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマレココ4 その2 CPU負荷

開発中のアマレココ4ですがほぼ録画処理が確定したのでアマレコTV4のデスクトップキャプチャとCPU負荷を比較しました。

1.テスト方法
くるくるベンチDX11を実行し、各キャプチャソフトにてデスクトップ全体(1920x1080)を 60fpsで録画した際のCPU負荷をタスクマネージャで観察します。また、録画はRGBとYUV(YUY2)の2種類でテストします。

キャプチャソフト起動前のCPU負荷は約 1%です。
kidoumae.jpg 


画面全体(1920x1080)を範囲選択し60fpsで録画します。
kidougo.jpg




2.PCスペック
PCスペック
OS Windows8.1 x64 Professional
CPU Intel(R) Core(TM) i7-4770 CPU @ 3.40GHz Haswell
MB ASRock H87 Performance (Intel H87)
Memory DDR3 1600 16GB(8GBx2 Dual Cannel)
VGA NVIDIA GeForce GTX 650 1GB
録画HDD WD30EZRX 3TB
Software AmaRecTV4 Ver4.01
 AmaRecCo4 開発版
 くるくるベンチDX11 Ver1.00
備考 CPUは4コア、8スレッド、HTT対応、AVX2対応。動作クロックを3.4GHz(定格)で固定し、省電力設定およびTurbo BoostはBIOSで無効化、動作クロックがテスト中に変動しないようにしています。





3.結果

 キャプエンコプレビュー録画のみ 録画+プレビュー 最小化
アマレコTV4RGB
RGB
(DR3)
約 9%
amarectv_rgb_preview.jpg
約 8%
amarectv_rgb_rec.jpg
約 14%
amarectv_rgb_rec_preview.jpg
約 4%
amarectv_yuv_tray.jpg
RGBYUV
(DY3)
約 8%
amarectv_yuv_rec.jpg
約 13%
amarectv_yuv_rec_preview.jpg
アマレココ4RGBRGB
(DR3)
約 2%
amarecco_preview.jpg
約 7%
amarecco_rgb_rec.jpg
約 7%
amarecco_rgb_rec_preview.jpg
開発中
YUVYUV
(DY3)
約 5%
amarecco_yuv_rec.jpg
約 5%
amarecco_yuv_rec_preview.jpg


・プレビュー
キャプチャソフトを起動してプレビューしている状態のCPU負荷です(録画は行っていません)。
GPUで処理できるアマレココ4が圧倒的に有利な結果となりました。
アマレコTV4はビデオメモリの内容を一度システムメモリへ転送したのち、再びビデオレンダラーのビデオメモリへ送り表示するためCPU負荷は高めとなります。

・録画のみ
プレビュー処理を止めて録画のみした状態のCPU負荷です。
アマレコTV4については最小化したりタスクトレイに入れることでプレビュー処理を止めることができるため、タスクトレイに格納した状態で録画しました。
また、アマレコTV4ではRGBでキャプチャしたものをAMV4のDR3設定で録画した場合と、AMV4をDY3に設定しRGBをYUV(YUY2)へ変換しながら録画した場合の2つのケースでテストしました。
アマレココ4はRGBでキャプチャしてDR3で録画した場合と、YUVでキャプチャしてDY3で録画した場合でテストしました。

RGBによる録画に関してはアマレコTV4とアマレココ4とでほぼ同じ処理構成になりますが、僅かにCPU負荷を軽減できています。
一方、YUVによる録画については、アマレコTV4はRGBでキャプチャした画像をAMV4ビデオコーデックによりCPUを使ってYUVへ変換するのに対し、アマレココ4は、キャプチャ処理自体をYUVで行う(RGB・YUV変換はGPUのピクセルシェーダーで処理します)ためAMV4ビデオコーデックによる変換処理を省けるだけでなく、ビデオメモリからシステムメモリへデスクトップ画像を転送するデータ量も半分に軽減できます。これらにより大幅なCPU負荷軽減となっています。

・録画+プレビュー
プレビューしながら録画した場合のCPU負荷です。
アマレコTV4はプレビュー処理に足を引っ張られてCPU負荷が大きめとなります。
アマレココ4は今回の結果(数値)では「録画のみ」と「録画+プレビュー」で差が見られませんが、実際は若干プレビュー処理によりCPU負荷が上昇します。

・最小化
アマレコTV4については録画もプレビューもしていない状態ですがアマレコTVの性質上、常にキャプチャ処理(ビデオメモリをシステムメモリへ転送)を行っていますので、起動前の1%からCPU負荷が上昇しています。
アマレココ4については検討中です。


関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 ライブ機能 デスクトップキャプチャ AVX2 FAQ リモートソフト 質問コーナー ニコニコ動画 DirectShow HDキャプチャ 組み換え 4K レゴ 遅延 可変再生速度 解説動画 LEGO XL2420T ベンチマーク Intensity AMV2MT 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 アマステ 液晶モニター PS4 Pro デインターレース 32ZP2 Shadow VideoKeeper2 31024 RDT233WX-Z ffmpeg GV-USB AVX Play Alternate designs 31006 RGBキャプチャ RYZEN SD-USB2CAP4 XCAPTURE-1 DirectShowFilter キャプチャーツール Livetube シンクライアント イベント AtomでHDキャプチャ プレビュー 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro SD-USB2CUP4 額縁遅延 MPC ハイパースレッディングテクノロジー HT インストール OBS QSV NVEnc 31021 フィギュア Kabelake SSE MonsterX3A XCapture-1 オーバーレイ 音ズレ 録画 HDMI HDCP 32ZP32 SKnet REGZA 液晶テレビ 倍速駆動 リプレイ機能 モノステ ZP3 倍速補完処理 MP3 Haswell 電源オプション LameACM 音遅延 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R DC-HD1 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。