スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スーパーアマレココ vs ShadowPlay 第2Round

YUV 12bitキャプチャに対応しパフォーマンスが向上したスーパーアマレココ Ver4.20とShadowPlay(現在はShare機能ですが この記事ではなじみのあるShadowPlayと表記します)の性能をゲームソフトのベンチマークスコアで比較します。

アマレココ4 その11 vs ShadowPlay
の続編となります。
スーパーアマレココのバージョンが4.20になったことと、テストに使うPCが最新の環境に変わっています。


1.テスト方法、テスト環境
デスクトップをFHD (1920x1080)、59.94Hzに設定し、FF14ベンチをウインドウモード、HDサイズ(1280x720)、DirectX11、高品質(ノートPC)で実行。録画しない場合と、各キャプチャソフトでデスクトップ全体を録画した場合のベンチマークスコアで評価します。


・スーパーアマレココ Ver4.20 録画設定
デスクトップ全体1920x1080を59.94fps、YUV 12bitでキャプチャ、AMV4:DS3で圧縮、テクスチャをリングバッファにするON

・スーパーアマレココ Ver4.11 録画設定
デスクトップ全体1920x1080を59.94fps、YUV 16bitでキャプチャ、AMV4:DY3で圧縮、テクスチャをリングバッファにするOFF(設定項目なし)

・ShadowPlay録画設定
プライバシー管理で「はい」を選択し、デスクトップ全体1920x1080を59.94fps、50Mbpsで録画します。カラーフォーマットはYUV 12bitと思われます。
アマレココ4 その11 vs ShadowPlay のShadowPlayデスクトップキャプチャと同じ)

テスト環境
OS  Microsoft Windows 10 Home 64-bit
CPU  Intel(R) Core(TM) i7-7700K Kabylake 
 定格4.20GHz
MB  ASUS PRIME Z270-K
Memory  DDR4 16GB (8GB x 2 Dual channel) 2666MHz
Video  NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB
Monitor  1920x1080 59.94 HDMI 接続
録画HDD  ST4000DM000 4TB
Software  SUPER AmaRecCo Ver4.11
 SUPER AmaRecCo Ver4.20
 AMV4ビデオコーデック Ver4.10
 ShadowPlay GeForce Experience Ver3.5.0.70 Driver 381.65
 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク
備考  CPUは4コア、8スレッド、HTT対応、AVX2対応。動作クロックを4.2GHz(定格)で固定し、省電力設定およびTurbo BoostはBIOSで無効化、動作クロックがテスト中に変動しないようにしています。


2.テスト結果

テスト結果
録画カラーフォーマットベンチスコア
(5回の平均値)
 スコア
低下率
録画無し-26224 -0.0% 
ShadowPlayYUV 12bit25689 -2.1% 
スーパーアマレココ Ver4.20YUV 12bit25626 -2.3% 
スーパーアマレココ Ver4.11YUV 16bit25254 -3.7% 


ベンチマークスコア 内訳
録画1回目2回目3回目4回目5回目平均値
録画無し録画なし[26224]26224----26224 
ShadowPlay
デスクトップキャプチャ
ShadowPlay.jpg 256972567225774256612564325689 
アマレココ
Ver4.20
amarec420.jpg256952537925627256812575125626 
アマレココ
Ver4.11
amarec411.jpg 253382525725451249422528425254 



3.まとめ
スーパーアマレココ Ver4.20の2回目で低いスコアがあるため 平均値でShadowPlayの方が良い結果となりましたが、2回目のスコアを除外したスーパーアマレココVer4.20の平均スコアは25688となりShadowPlayと同等となります。
テストは沢山行っていますが、平均値の取り方、データの拾い方次第で優劣が変わるレベルですので、この条件で比較する限りはShadowPlayとスーパーアマレココ Ver4.20は同性能と言えます。


最後にYUV16bit (AMV4:DY3)とYUV 12bit(AMV4:DS3)のファイルサイズを比較します。

FFベンチ1回分の録画ファイルサイズ(FHD 約30000フレーム)
録画コーデックフレーム数ファイルサイズ ビットレート
ShadowPlayH264
YUV 12bit
非可逆
32950 2,895 MB約 42 Mbps 
スーパーアマレココ Ver4.20AMV4:DS3
YUV 12bit
可逆
30000 16,955 MB約 271 Mbps
スーパーアマレココ Ver4.11AMV4:DY3
YUV 16bit
可逆
30000 21,644 MB約 346 Mbps 

AMV4:DY3に対しAMV4:DS3は約21%ファイルサイズが小さくなり、AMV4ビデオコーデック Ver4.10の効果が得られていることが分かります。


関連記事


コメントの投稿

 
 
あまラボへようこそ
このブログでは自作ソフトの最新情報やtips、PC動画に関する話題を掲載していきます。各記事へは下にあるカテゴリからアクセスして下さい。

ファイルのダウンロードはホームページの方でお願い致します。

質問・要望・不具合報告はこちら
アマレコTV
アマミキ!
アマレココ
アマレコ・ライト
ファンタジーリモート
AMVコーデック



ホームページ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
ブログ内タグ

アマレコTV ビデオキャプチャ AMVコーデック アマレココ アマミキ! コーデック SC500 動画配信 ファンタジーリモート アマレコライト プラグイン AMV4 SC512 ライブ機能 デスクトップキャプチャ AVX2 FAQ リモートソフト 質問コーナー ニコニコ動画 DirectShow HDキャプチャ 組み換え 4K レゴ 遅延 可変再生速度 解説動画 LEGO XL2420T ベンチマーク Intensity AMV2MT 120Hz 倍速液晶 GV-USB2 アマステ 液晶モニター PS4 Pro デインターレース 32ZP2 Shadow VideoKeeper2 31024 RDT233WX-Z ffmpeg GV-USB AVX Play Alternate designs 31006 RGBキャプチャ RYZEN SD-USB2CAP4 XCAPTURE-1 DirectShowFilter キャプチャーツール Livetube シンクライアント イベント AtomでHDキャプチャ プレビュー 擬似NTSCキャプチャ IntensityPro SD-USB2CUP4 額縁遅延 MPC ハイパースレッディングテクノロジー HT インストール OBS QSV NVEnc 31021 フィギュア Kabelake SSE MonsterX3A XCapture-1 オーバーレイ 音ズレ 録画 HDMI HDCP 32ZP32 SKnet REGZA 液晶テレビ 倍速駆動 リプレイ機能 モノステ ZP3 倍速補完処理 MP3 Haswell 電源オプション LameACM 音遅延 ゲームスムーズモード MonsterXU3.0R DC-HD1 

ブログ内検索
月別アーカイブ
アマレココに関するリンク
お世話になっているソフトのリンク
RSSリンクの表示
管理画面
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。